メルマガ登録

2020.10.19

コーチングとは?

そもそもコーチングって何?
コーチングとは、
元々、英語の馬車(coach)を意味する言葉であり、
そこから人を目的地まで運ぶという意味に派生し、 転じて「人を指導する」という意味になりました。
コーチングの目的は、あなたが継続的に目標を達成し、 成長していく状態を作る事です。
あなたのビジョンや自発性、目標に向かうための 「新しい行動」への一歩を引き出していきます。

コーチングで行うこと

コーチングでは次のような事を行います。
方法はコーチとあなたの1対1の対話(セッション)が基本です。
 1. 目標を明確に設定する
 2. 目標達成に必要な行動を棚卸にする
 3. 考え方や行動の選択肢を増やす
 4. 継続して振り返る 「問いかけて聴く」
という対話を通して、 あなた自身から様々な考え方や行動の選択肢を引き出します。 あなたの自発的な行動を引き出す事で、あなたを成功に導く手法です。

コーチングはこのような方におすすめ

コーチングセッション方法

対面のメリット 対面のメリットは直接お会いする事でお客様の状況を詳しく把握出来たり、 より深いレベルのコミュニケーションを受けられる事です。 ZOOM/Skype オンラインのメリット スカイプ(もしくはお電話)のメリットは、 移動時間や場所の制約がありませんので、 ご希望されるコーチと距離が遠くてもセッションが受けられる事です。

コーチングセッションを受けた方の声

  • 彼女と別れようと思っていて相談した結果、2人の今後のビジョンが見えたおかげで3か月後に婚約し、現在幸せな家庭を築いている。
  • 半年間のコーチングセッションによって年収が1.5倍。8桁達成。
  • 人が嫌いでどこにも出歩かなかったのが異業種交流会に行くようになる

ブログ執筆者 : 三宅俊輝

「どうせ自分なんかこの程度の人間だ」という思いから逃れられず自信が持てないでいる人に、自分らしく生きるすべを提供し「成功」に導くメンタルコーチ(心の整備士)。 目の前にいる一人一人の可能性を、寄り添いながら引き出し最大限まで伸長させる。 現在は、企業経営者からスポーツ選手・主婦・学生まで幅広い層をクライアントに持ち、わずか6か月で年収1,000万円超達成を支援するなどの成果を挙げている。 1990年、香川県三豊市詫間町生まれ。姉・兄とともに母子家庭で育つ。母親からの否定的な言動により「自分らしさ」を抑圧される中で、周りの評価を過剰に気にする少年に。 中学生時代は、大人である警察官に言い分を聞いてもらえない、信じてもらえないという体験から人間不信に陥り不登校となる。専門学校卒業後に就職した会社でも幹部から受ける能力否定・人格否定の言動に悩み、一時期は身体にも不調をきたしていた。 ところが2016年3月、知人の紹介で出会ったコミュニケーションの専門家に自分のすべてを受け入れてもらい、衝撃を受ける。 「素晴らしい」「なるほど」「たしかに」「君の言う通り」――自分がどんな人間であってもその可能性を信じ、認めてもらえたことで、不平・不満だらけだったそれまでの日常の見え方が180度変化。 全ての物事に感謝の気持ちを抱き、幸せを実感するようになる。 心の持ち様やコミュニケーションのあり方によって人が瞬間的に変わる面白さを実感し、それ以降、心理学やコミュニケーションの世界に没頭。わずか1年半でNLP(脳科学・心理学・言語学)、コーチング、ファシリテーションなどあらゆるコミュニケーション技術を体得した。 現在は「一人一人の可能性を広げ、世の中に貢献するヒトづくり」をモットーに全国各地で活動中。NLPを軸としたセミナーや社内研修、コーチングセッションを実施し、一人一人の問題やテーマに寄り添いながら「望ましい変化」「自分らしく幸せな生き方」をサポートしている。 実績:20代米国NLP講座開講数No.1  中小企業診断士に対してNLPトレーニング数No.1コーチ 著書:心の整備術

previous next

おすすめ「ブログ」一覧

2021/01/23

23歳(女性)にフラれて気付いたマーケティング

こんにちは。 この度もブログを最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。 心の整備士、三宅俊輝です。 今 […]

2021/01/21

実践心理学NLPのプロがサギにあいました。

皆さん、こんにちは。この度もブログを最後まで読んでくださりましたこと心より感謝申し上げます。 タイトルにもあり […]

2021/01/09

香川県でコーチングは儲かるのか?

皆さんこんにちは。四国の香川県を拠点にNLPトレーナー・プロコーチとして活動しております三宅俊輝です。 私がN […]

2021/01/05

NLP・コーチングを甥っ子のお金の使い方に活用

小学4年生になるお年玉を渡しました。 僕は聞きます。「このお金何に使う?」と。(使う前提の質問ですね) 甥っ子 […]